アルティメット部門:最優秀賞
作品名:クレイジーベヒーモス
製作者:ポメポム(31)


【製作者コメント】
某有名ファンタジーRPGに登場するモンスターをゾイドで再現したいと思いまして製作しました。ほぼ構想だけで形に出来ず3年程経ってしまいましたが、今コンテストを機に製作を開始しました。なるべくモチーフのシルエットを再現する事を第一にし、武装はシンプルに控えました。
【製作のポイント】
頭・首・角・タテガミ・胸・背・腰・尾・足など各部位は塗装後に組み立てられるようジョイントパーツを仕込みました。頑丈なものを目指して、なるべく接着剤の使用を控えて差し込み式に加工しています。 角はセイスモの尾で、付け根にはボールジョイントを仕込んで首の付け根に接着無しで接続できるようにしています。頭部はレイズをベースに、ムゲンライガーやフューラーのパーツを加工して使用しています。バスターイーグルの羽を加工してタテガミとしました。加工したデスザウラーの首とボールジョイントで接続。首はデスとギルで製作。胸はデッドリーの腰を切り落として胸のみ残し、デスザウラーの首が入るように加工。首と胸ブロックは接着不要の差込で接続可能。胸内にはベヒーモスの腰となるエナジーの胴体と接続する為のブロックス用ボールジョイントを仕込みました。胴はエナジーの動力部を抜き去り、デッドリーの胸と接続できるよう加工してあります。その後、胸との接続ジョイントを仕込み、股関節にはゴーレムの腕にあった太いシリンダーを切り取って加工して接続し、股関節の可動範囲を確保しました。尻尾はギルから拝借し、塗装後に接着剤不要でお尻に接続出来るよう、ブロックスの5mm径の棒状ジョイントを仕込みました。ゴーレムのパーツを加工して尻尾の装甲としました。前足は加工したデッドリー(肘に手動可動の加工とボールジョイント仕込み、動力ケーブルをスプリングに変更)、後ろ足は加工したゴーレム腕とバイオティラノ足を接続。接地する足パーツはウルトラの足を加工してボールジョイントを仕込みました。背中の盛り上がりはゴーレムを使用しています。 ゴジュラスキャノンはマガジンやタンクでディテールアップ。ブロックスの棒状ジョイント5mm径で背中と接続できるようにしました。ゴーレムの足を加工して胸ブロックの両脇に3mm径ネジで接続し、頑丈なボールジョイントの基部を設置。肩幅を広げています。400〜600番でペーパーがけ、サフ吹き後、メイン塗装です。ブルー部(ガンダムカラー・グレー11+ホワイト)、フレーム類(ニュートラルグレー+軍艦色)、キャノン砲・ガトリング(ガンダムカラー・グレー28)、タテガミや角など(つや消しブラック)、牙と目(チタンゴールド)塗装後、背中に3mm径のパイプ4本でパイピングを行い、各所に1mmのメタルボールを埋め込んでいます。
≪閉じる≫